若返り術の中でも人気のプラチナ・プリンセスリフト

日本でも美容整形ブームが訪れてきており、年齢層関係なしに多くの女性が美容を求めてて利用をされています。
注目されているのが豊胸や脂肪吸引、またお肌のトラブルなどであり、その悩みは簡単に解消出来るのです。 これまでのリフトアップ術というのは、キズがこめかみから首まで繋がっている大きなものでハレも強く出てしまいました。
ダウンタイムも必要で、ある程度安静にしなければいけないデメリットがありましたが、今ではプラチナ・プリンセスリフトでその点も改善されたのです。

 

従来のリフトアップ術は施術時間も2時間以上かかる非常に大掛かりなものだったため、40代後半以降の方に注目されていました。
一つの若返り術としてプラチナ・プリンセスリフトが知られており、短時間で施術が終わります。

 

ヒアルロン酸、またボツリヌス・トキシンによるプチしわ取りを併用することで一層キレイな仕上がりを期待出来ます。
そんな素晴らしい効果のある美容術ですが、プレミアムプリンセスリフトと同様のお値段で受けることが出来るのです。



若返り術の中でも人気のプラチナ・プリンセスリフトブログ:19/4/24

ぼくの父親は近所のお子様から
「調子乗りのおっちゃん」と呼ばれている。

父親は出勤時に
登校中の児童にむかっておどけてみせる。
それがお子様達のツボにはまるらしく、
みんな笑い転げるのだ。

ぼくは、お子様の頃
恥ずかしくて仕方なかった。

ある日、道の角を曲がると
「ぐわあぁぁ」と叫びながら
倒れる父親と目が合った。

父親の目からは切羽詰った様子が伺え、
ぼくはうろたえた。

しかしふと前を見ると
戦隊もののおもちゃを手にしたお子様たちがいる。
父親は戦隊ごっこの悪役をしていたのだ。

父親の切羽詰った様子は、
いるはずのない女の子と目が合ったこと、
しかしクライマックスの悪役が倒れるシーンを
全うしなければいけないという責任感の挟間から生まれたようだ。

ぼくが大人になっても
父親は喜々として近所のお子様と遊んでいた。

ぼくは父親の行動を諦めていたが、
やめて欲しい気持ちはおさまらなかった。

そんな父親が癌の告知を受けた。
本人は手術を拒んだが、幸い転移もなかったので
癌を摘出すれば短期間で治療可能、再発も無いとのことだった。

家族全員で摘出を勧め、
父親は文字通り泣く泣く承諾した。
陽気な父親が泣くのを見たのは初めてだった。

手術の日、ぼくは施術後に立ち会えた。
運ばれてきた父親は薄く麻酔が効き、目は半開き…
その父親の前で主治医から成功した旨が伝えられた。

ふと父親に目をやると、信じられない光景があった。
麻酔で眠っているはずの父親の手がいつの間にか布から出て、
ピースサインになっていたのだ。
その場は笑いに包まれた。

父親はいつでもどこでも
「調子乗りのおっちゃん」だった。

意識がほぼ無かろうが、
家族に大丈夫だと伝えようとして動いた手…
その温かさに笑っていたぼくの目から涙がこぼれた。